読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーター 夕橙のブログ

イラストレーター、夕橙のブログです。自作のイラストなどを公開していきます。

漫画過程 ペン入れ

またしても間が空きましたが、制作中の漫画のペン入れが終わったのでまた冒頭部分を掲載していこうと思います。

f:id:yudie:20160730030702j:plain

f:id:yudie:20160730030711j:plain

f:id:yudie:20160730030722j:plain

f:id:yudie:20160730030730j:plain

 

自分の場合、絵を入れる前にまず枠線、吹き出し、描き文字を先にペン入れします。

その後は一コマずつ順に描き込んでいきます。

一コマ目でいきなり枠線を失敗していますが、ここはバックが黒になるのでセーフです(笑)

使用する画材は主に丸ペン。ベタは主に筆ペンで、広いところはマーカーを併用しています。

デジタルの仕上げの段階で塗りつぶした方が早いので、バックの黒ベタは塗っていません。

ちなみに枠線は旧時代の遺物(?)烏口で引いています。特にこだわりがあるわけではないのですが、専門学校で買わされて以来そのまま使い続けています(笑)

作画に関しては白が目立つと安っぽい印象になってしまうので、一定量のベタを使って画面を締めるように意識しています。

自分はペン画では無駄なタッチが多く汚い画面になりがちなので、ベタを多めにしてタッチを減らすという意図もあります。

ここからはデジタルでトーン処理や効果を加えて仕上げていこうと思います。

実は漫画のデジタル仕上げは初の試みなのですが、使いこなせば確実にアナログより効率の上がる部分なのでなんとかやってみたいです。

とはいえ漫画は一定の目処がついたので、先に仕上げておきたいイラストの制作に取り掛かりたいところ。

漫画の過程については引き続き気長にお待ちいただけると幸いです。