イラストレーター 夕橙のブログ

イラストレーター、夕橙のブログです。自作のイラストなどを公開していきます。

グループ展「トラウマ少女展」告知

たまに更新したと思ったらまた告知…。

東京・高円寺の「Gallery螺旋」にて11月19日(日)〜12月2日(土)開催の「トラウマ少女展」に参加させていただきます。

f:id:yudie:20171115234107j:plain

gallery-rasen

会期が間近でいささか急な告知ですが、東京では初の展示参加となります。

会場の「Gallery螺旋」は「前衛派珈琲処マッチングモヲル」の別館となるギャラリーです。

マッチングモヲルもとても素敵なカフェなので、展示をご覧の際はこちらで喫茶を楽しまれることをお勧めします。

 

今回はご縁があり急遽出展させていただく事になったため展示は既作となりますが、思い入れの深い作品を送り出したので関東方面の方にはこの機会にぜひ原画をご覧いただきたいです。

最終日には自分も在廊に伺う予定です。

 

こちらの展示の初日となる11月19日には名古屋でも「下着女子π」の展示が始まります。

さらに11月26日からは「椅子のある部屋」がスタート。

一ヶ月間盛り沢山のスケジュールとなっているので、ご都合良ければお付合いいただけると嬉しいです。

yudie.hatenablog.com

yudie.hatenablog.com

グループ展「椅子のある部屋」告知

またしても告知です。

2017年11月26日(日)~12月9日(土)、箱の中のお店にて開催されるグループ展「椅子のある部屋」に参加させていただきます。

今回のグループ展はクリエイターグループ・箱の中のユーフォリア様が新たに発足した、別ジャンルのクリエイターによるコラボレーション企画「HAKOLIEN」の第一弾となります。

この企画は文章作家と絵作家のコラボ展となり、「椅子のある部屋」をテーマに書かれた文章を元に絵作家がイラストを描きます。

企画の詳細は以下のリンクをご参照下さい。

文×画「椅子のある部屋」 – HAKOLIEN

 

自分は当然ながら絵作家としての参加です。

文章作家の澄夜明様の書かれた作品とのコラボレーションによるイラストを出展させていただきます。

f:id:yudie:20171031220149j:plain

澄夜様の作品はダークホラーを基本としながら切なさもあり、自分の作風とも相性が良いと感じています。

文章作品と合わせてお楽しみいただければ幸いです。

 

この展示の直前には同じく箱の中のお店にて、巡回展「下着×女子Π」もスタートします。

こちらもよろしくお願いします。

yudie.hatenablog.com

でじっく☆フェスタ告知

次回イベント出展の告知です。

直前の告知となってしまいましたが、10月28日 名古屋工学院専門学校にて開催される同人誌即売会「でじっく☆フェスタ」に出展します。

スペースはA-12「VANITAS VANITATUM」です。

 

「でじっく☆フェスタ」は名古屋工学院専門学校の学園祭の一環として、有志により運営される即売会です。

当日は同校の学園祭も開催されるという事なので、このイベント以外にも様々な催しが楽しめるのではないかと思います。

普段とは客層も変わってきそうなので、どんなイベントとなるか自分も楽しみにしています。

 

今回はこれといって新作はなく、ほぼ前回の名古屋コミティアと同様のラインナップとなりそうです。

商品については以下の記事を参照していただければと…(手抜き)

yudie.hatenablog.com

補足として、ミニ原画「Thanatos」はお迎えいただいたため、別の作品を何か持って行く事になると思います。

スペース面積の都合上、少しグッズの種類も絞るかもしれません。

若干グダグダな感じですが、お時間ありましたらよろしくお願いいたします。

グループ展「下着×女子Π」告知

すっかり告知記事ばかりのブログで恐縮ですが、次回の展示の告知です。

普段からお世話になっている有我悟様、TaMa様の共同主催によるグループ展「下着×女子Π(パイ)」に参加させていただきます。

今回で3回目となるこの企画は4都市を巡る大規模な巡回展で、参加される作家様も実力派揃いの豪華なメンバーとなっています。

会期、会場は

2017年11月19日(日)~25日(土) 名古屋 箱の中のお店

2017年12月16日(土)~27日(水) 岐阜 喫茶ギャラリームース

2018年1月6日(土)~14日(日) 大阪 カフェアナムネ

2018年2月23日(金)~27日(火) 東京 ぽたかふぇ

となります。

東京での展示参加は初めてですね。

 

企画の詳細については以下のリンクをご参照下さい。

http://tantramachine.com/314/314

 

今回のテーマはタイトル通り「下着女子」。

インパクトのあるテーマだけに、どのような作品が展示されるのか自分も楽しみにしています。

自分の作品はようやく完成したところ…。

f:id:yudie:20171013003732j:plain

今回の展示は各作家2枚のイラストを出展します。

フェティッシュなテーマですが、自分らしい世界観を重視して制作しました。

 

大変見応えのある展示となりそうなので、お近くの会場がありましたら足を運んでみて下さい。

各会場では全ての展示作品を収録した図録も販売されます。ご来場の際は展示の記念にご検討下さい。

よろしくお願いいたします。

名古屋コミティア51 告知

相変わらず水面下での活動が続いてなかなか更新できていませんが、次回参加イベントの告知をさせていただきます。

10月8日、名古屋国際会議場にて開催される「名古屋コミティア 51」に出展いたします。

スペースはA-15「VANITAS VANITATUM」です。

 

自分が初めて単独で出展したイベントが昨年秋の名古屋コミティアだったので、同人活動をスタートしてちょうど一年となりますね。

あっという間の一年という気もしますが、その間様々な経験をさせていただいて、「まだ一年」という感もあり不思議な気持ちです。

目立った新作はありませんが、お時間ありましたら遊びに来て下さい。

 

以下に今回の商品をまとめていきます。

続きを読む

「死想-Memento Mori-」&「死想-VANITAS-」

f:id:yudie:20170919221950j:plain

「死想-Memento Mori-」

f:id:yudie:20170919222017j:plain

「死想-VANITAS-」

 

現在開催中の鉛筆画展「graphiteノ無限回廊」に出展している作品です。

yudie.hatenablog.com

今回は二枚で対になる作品として構想しました。

テーマはタイトル通り「メメント・モリ」と「ヴァニタス」。

共に「死」にまつわる概念ですが、個人的な解釈として前者は「いずれ訪れる死を前に悔いのないように生きる」といったある種前向きな意味合い、後者は「死の前ではいかなる名声や財産も意味をなさない虚飾である」という警句の意味合いを持つように思っています。

似て非なる概念を表現する意図で、対比構造を意識してモチーフを組みました。

今回は鉛筆画なので色は無く、その分画面の情報量や質感の描写に重点を置いて描いています。

普段から下絵として鉛筆で描き込んだ状態からの着彩を行っていますが、鉛筆のみで「作品」として魅せるという事は想像以上に難しいものでした。

情報量が多い画面を明度のみで構成しなければならないため、コントラストの幅を意識して8B〜2Hの鉛筆を使用しています。

 

今回の企画は実力派の作家が集まり、鉛筆のみで表現された作品を展示するという他に類を見ないものですが、実際に拝見すると作家の個性によって様々な表現がみられます。

身近な「鉛筆」という画材が持つ可能性の奥深さを実感出来る大変見応えある展示となっておりますので、お近くの方は是非会場にてご覧になってみて下さい。

よろしくお願いいたします。

首落ち花

f:id:yudie:20170913214815j:plain

気付いたら随分更新が滞っていました…。

さすがに疲れていたので「サヨナラセイメイ。」の事務処理を除いてしばらく作業を休んでいましたが、そろそろ動き出さなければというところです。

というわけで、手慣らしと水彩紙の試用を兼ねてミニ原画を描きました。

日本刀を持った制服女子を描きたい、という感じの思いつきで描きましたが、「サヨナラセイメイ。」を引きずっているのかこんな感じになりました。

自分に限っては通常営業な気もしますが…。

今回の紙はシリウスを使用。

きめ細かい紙目と柔らかなにじみが魅力的で、風合いの良い紙という印象。

発色はやや沈みがちで、落ち着いた雰囲気に合いそうです。

塗り心地は割と好印象なのですが、表面強度が弱く鉛筆と重ね塗りを多用する自分の描き方ではそこがネックという感じ。

鉛筆控えめを意識すると塗りやすいかもしれません。

 

これから次の展示作品の制作に入っていきますが、現在も大阪にて鉛筆画展「graphiteノ無限回廊」が開催中です。

yudie.hatenablog.com

大変盛況のようですので、お近くの方はよろしくお願いいたします。